Zumi Blog

iPhoneやコンピュータや生活に関する紹介やレビューを気が向いたらしています。

SoftBankからmineoへMNPするための長い道のり2 / mineoへのMNP

前回の記事で3つの苦難を乗り越えながらなんとか名義変更、MNP予約番号の発行にたどり着きました。

しかし、名義変更の際に締め日が末日から20日に変更されてしまったため、2年縛りの更新月ギリギリでのMNP予約番号の発行となってしまいました。

無事に更新期間内にSoftBankを解約し、違約金を払わずに格安SIMMNPできるのでしょうか?

 

 

zumich1127.hatenablog.com

 

 

 

 

mineoで契約をする方法

 mineoで契約をするためにはインターネット申込と店舗申込の2つがあります。

ホームページから申し込み

インターネット申込は一般的な方法で、webで免許証のアップロードやMNP予約番号などを入力して申し込むと1週間程度で手元にsimカードが届きます。その後マニュアルを見ながら開通手続きを行うと使用できるようになります。ただし、この方法は申込から1週間待つ必要があるため私は更新期間に間に合わなかったため、店舗申込を利用してみました。

simカードが届くまでに1週間かかりますが、その間元の電話が使えなくなることはありません。simが届いてから開通手続きをした後に解約となります。

店頭で申し込み

 格安simで店頭契約ができるのは珍しい方なのですが、mineoではすることができます。

ただし、店舗によって契約が即日の場合と後日郵送でsimカードが送られてくる場合がありますのでよく確認してください。

店舗検索 | mineo(マイネオ)

今回は私の住んでる地域で即日契約ができるPCデポに行ってみました。

実際にPCデポで契約してみた

 PCデポに行くと大手キャリアの手続きする場所とは別のカウンターでmineoの契約をしていたため、そこに行って契約をしました。

まだsimフリー端末が届いていないという特殊な状況での申込でしたが、更新期間が当日であるということを説明すると、納得して契約をしていただきました。

身分証明書での本人確認や、クレジットカードの確認、契約内容の確認などをして申込が完了すると、審査のために1時間30分後くらいにまた来店してくださいということで一度店を出て近くのカフェで時間を潰しました。

しばらくすると今まで使用していたsoftbankiPhoneが圏外になったので、店舗に戻るとsimカードとその他契約書類とマニュアルをいただき、mineoのエントリーパッケージの支払いをして手続きが終了しました。

今回は使用する端末が手元にないという特殊な状況でしたが、無事にMNPすることができました。

最後に

なんとか2年縛りの更新期間までにMNPを完了させることができ、違約金の発生はありませんでした。

 格安simMNPする場合は早めに名義変更やMNP予約番号の発行をして更新期間に間に合わなくなることがないようにすることが大事だと思います。

simカードが手元に届くまで待ってられないという人は店頭での契約も考えてみてはどうでしょうか。

mineoでは6月1日から名義変更ができるようになったみたいです。

名義変更|契約内容の確認・変更|ご利用時の各種設定|初期設定と各種設定|mineoユーザーサポート


 

zumich1127.hatenablog.com