読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zumi Blog

iPhoneやコンピュータや生活に関する紹介やレビューを気が向いたらしています。

1byoneのスマート体重計を買ってみました。|1byone スマートスケール

ガジェット

 

こんにちは 新年が始まり正月太りが気になる今日このごろです。

今回はスマートスケール(スマート体重計)を購入したので紹介します。

購入を考えている人の少しでも参考になればと思います。

スマートスケールとは?

スマートスケールとは要するに体重計です。

何がスマートなのかと言うと、ただ単に体重を測るだけではなくそのデータをBluetoothWi-FiなどでiPhoneなどに転送して管理することで、変化をグラフで見たり記録することが簡単にできます。

スマートスケールの王者といえば、Withingsの体重計が有名かと思います。

Withings Body Cardio

 

Withings スマート体重計 Body Cardio ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】
 

体脂肪、体水分率、骨量、筋肉量などの体組成に加えて心拍数や脈波伝播速度などの測定ができる超高性能体重計です。

Wi-Fi対応なので設定後は乗るだけで自動的にクラウドへデータが送信されるようです。

しかし、定価で25000円Amazon価格でも20000円と体重計としてはかなり高価ですよね。

 

Withings スマート体重計 Body ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

Withings スマート体重計 Body ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

 

 こちらはBody Cardioの一つ下のモデルです。

心拍数と脈波伝播速度計測機能が省かれています。

これでもAmazon価格12000円代となかなかします。

 TANITA インナースキャン

次にTANITAのインナースキャンを調べてみました。

デザインもかっこよく、最小表示50gと信頼性も高そうです。

しかし、Amazon価格で約13000円と少しお高めな値段です。

Omron カラダスキャン

  個人的に日本の健康器具メーカーと言えばタニタオムロンだと思っています。

オムロンの体重計も見てみました。

Amazon価格で約10000円でした。

似たような体重計で、AndroidNFC機能でデータを送る(iPhone不可)製品もあるため間違えないようにしてください。

1byone スマートスケール

 日本製のも良いのですが、Amazonで一番安く売られていた1byoneのスマートスケールを購入してみました。

Amazon価格で3500円と破格です。

測定できるもの

体重 / 体脂肪/ 体の水分 / 筋肉質量 / BMI / 基礎代謝 / 内臓脂肪 / 骨格筋率

1byoneとは

ここで気になるのは1byoneというメーカーです。

アメリカのフィラデルフィアに本社があるようです。

他にもワイヤレスイヤホンや 地デジアンテナなどAmazonで高評価な商品もたくさんあるみたいです。

アメリカの家電メーカといったところでしょうか?

怪しいノーブランドの中国製ではないので安心ですね。

記事投稿現在で、アメリカのAmazon.comでHealth Alert & Monitoring Systems部門でベストセラー第1位となっていました。

f:id:choko343:20170109171307p:plain

1byone スマートスケールの開封

f:id:choko343:20170109155159j:plain

Amazonで注文するとすぐに届きました。

箱のデザインもシンプルでいいですね。

付属品

・本体

・単4電池4本

・多言語取扱説明書(日本語もありました。)

f:id:choko343:20170109155344j:plain

 

最初見たときは文字盤がない!?と焦りましたが、商品ページを確認すると光って数値が現れるみたいですね。

真っ白の天板に電極とロゴだけの非常にシンプルで美しい外観です。

電池を裏面から入れてとりあえず乗ってみました。

 

f:id:choko343:20170109160023p:plainf:id:choko343:20170109160350j:plain

さて、何キロかなー?と体重計に乗ってみると・・・

152.4!?

いくら冬の厚着だとしてもこの数値はおかしい、とよく見てみると小さく「Ib」の文字が。

要するに152.4ポンドだということみたいです。

本体に設定用のボタンも見当たらないのでKg表示の設定はスマートフォンからでないとできないようです。

iPhoneと接続

本来の目的であるデータの自動取得のためにiPhoneと接続します。

App Storeで専用アプリをダウンロードします。

 

1byone Wellness

1byone Wellness

  • Yu Hua min
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 アプリをインストールして起動するとヘルスケアの設定が出てきました。

私はヘルスケアとの連携をするために購入しましたので、すべてONにしました。

後は名前、性別、使用する単位、誕生日、身長、運動のレベルを入力しました。

f:id:choko343:20170109161108p:plain f:id:choko343:20170109161610p:plain

iPhoneBluetoothの設定画面からスマートスケールを探していましたが、見つからず。

しかしBluetoothをオンにしてアプリを起動したまま体重計に乗ると自動的に接続されました。(画像は2回目の接続)

f:id:choko343:20170109161745p:plain f:id:choko343:20170109161814p:plain

難しい接続の設定も必要なく簡単に使い始めることができました。

設定後は体重計本体の表示もKgに切り替わりました。

アプリからそれぞれの項目をタップするとグラフ表示も利用できます。

ヘルスケアのアプリにも自動的にデータが転送されていました。

f:id:choko343:20170109162226p:plain f:id:choko343:20170109162249p:plain

 

体重の測定精度について

測定器ということでやはり気になるのは測定精度です。

以前まで使用していたタニタの体重計と比べてみました。

比べた体重計はこちら 

 乗るだけで電源オン、スイッチも地域設定のみで体重しか測れない非常にシンプルな体重計です。

貰い物なので自分で購入していませんが、値段を見てみると1200円代ととても安いです。 

安すぎるので精度は不明ですが、一応比較してみることにします。

全く同じ条件で測定してみました。

結果は1byoneが69.2kg、TANITAが69.4kgと200g誤差がありました。

 

f:id:choko343:20170109163637j:plainf:id:choko343:20170109163713j:plain

 

私は日々の変化を記録したいため、そこまで正確な測定は不要なので問題ないかなと思っています。

筋肉量や推定骨量なども測定できるみたいですが、あくまで参考までにしておくのがいいのかもしれません。

 

どのスマート体重計を買えばよいか?

1byoneがおすすめな人

私が購入した1byoneの体重計がおすすめな人は、 

・体脂肪や体重をスマートフォンに記録したい

・正確な測定が不要で、変化を記録したい

・とにかく値段が優先

Withingsがおすすめな人

すべて自動で体脂肪や体重を記録したい

Wi-Fiで送信できるので測定のたびにスマートフォンを用意する必要もありません)

・値段は気にしない

 TANITAやOmronがおすすめな人

日本製がよい

・ある程度信頼できる測定をしたい

最後に

せっかく体重計を購入しても使用しなければ意味がありません。

定期的に自分の体の状態を知り、健康的な生活を目指しましょう。

 

 

 

 

広告を非表示にする